初心者スノーボード選び方

ボード板  
    お問い合わせ  お勧めリンク 
スノーボード 初心者

    

 初心者のスノーボードの選び方 2014


 今回は、豆柴とは全く関係ないのですが、私の大好きなスノーボードについて
 ボードの選び方を中心に書いて行きたいと思います。




   
 ○初心者も解るボードの正しい選び方☆


   滑るのにまず欠かせないのが、ボードですね!

  ボードは大きく分けて、二通りあります。


  1.スピード重視型(カービング)


  2.
技重視型(グランドトリックなど) 


  自分がどちらを優先してマスターしたいのかのを考えてからボードを選びましょう。


1.スピード重視型の人は‥


 ディレクショナルという形状の板を選びます
 テールよりノーズが長い(ようは前方が長い)形状の板です。
 

 このタイプはカービングターンをする時に安定し易い板です。

2.技重視型の人は‥


 
ツインチップ
という形状の板を選びます
 
癖のない形状で、逆エッジしにくい(後頭部から転倒したり)です。

 スノーボードを始める人は最初にこのタイプを選ぶ場合が多いです。




 
ボードの長さを決めよう!

 自分のスタイルが決まったら、自分に合ったボードの長さを知る必要があります。
 適した長さは、スタイルに関係なく、以下の通りです。


 ○目安は身長マイナス15cm前後が目安と言われますが、実際は若干異なります
  ので、下の絵を参考にしてください。

  
  選び方

               ※このくらいの板が安定すると言われています。



 ボード選びの注意点
 
 ボードを選ぶ際の注意点は書けば書ききれない程たくさんあります。
 例えば、バインディングとの相性や、フレックス、トーション、板の太さ・・・

 そんなにたくさんの事に注意して選んでたら、選んでいるうちに、春になってしまいますね。

 ですので、今回は特にこの点に注意して選ぶと間違いない!というのを絞って紹介したい
 と思います。



 ○まずは初心者の方でしたら、
スレックス(しなり)というのは重要になってきます。
  初心者の方はそんなにスピードを出して滑るという事はありませんので、低速では、柔らかい
  板のほうが断然、ターンなどもし易いです。
  なので、高速で滑れるようになるまでは、柔らかい板がお勧めです。

  高速で滑れるようになると、今度は柔らか過ぎる板は安定性に欠ける部分もありますので、
  その時に、本当に自分のスタイルに合う硬さの板に変更した方が無難だと思います。
  (上級者でも柔らかい板を好む人はいます)



 ○ボードを側面から見たときのしなり形状をみる。
  最初に目標スタイルをスピード重視型と選んだ人は、キャンパーというタイプの形状がお勧
 
 めです

  図で説明すると、こんな感じ  ↓↓ 


 スノーボード

 
      ボードの安定性を重視した形状で、高速滑走に向いています。







  目標スタイルを技重視型とした人はロッカーというタイプの形状がお勧めです。
  図で説明するとこんな感じ  ↓↓
 初心者スノーボード

         安定性よりも操作性を重視したタイプです。逆エッジにもなりにくいです。



  以上の2点を参考にボードを選ぶと、スムーズに選べるかと思います。

  尚、ここで紹介したのは、完全に基本のタイプです。
  今、出ている最新の型では、色々な形を組み合わせたモデルが沢山出ています。
  例えば、キャンバーだけど、グランドトリックにも対応できるように、この部分を変えて
  ありますとか・・・。
  自分の目指すスタイルを伝えると、お店の人も「では、このモデルなんかどうですか?」と
  紹介し易くなるので、最低限、この二つは覚えて、お店に行くと良いと思います。








   【グラトリ】スノーボード(スノボ)のグランドトリックをうまくなりたい人におすすめの板、動画、サイトのまとめはコチラ

  
 (スノボーを始めてしばらくするとやってみたくなるグラトリ。グラトリに興味を持っても何をしていいのか、どんな板、ブーツなどを買ったほうがいいのか迷うこともあるハズ。そんな方が参考にしてくれればと思いまとめました。内容はシーズンや思いつきで更新していきます。)



    スノーボードの滑り方(初心者編) スノボーのスーさんのヘージ

   スノーボードの滑り方(初心者編) です。
連続ターンを目標とした効率の良い練習方法を紹介します。
「木の葉落とし」までは、リフトに乗る必要はありません。

初心者だけでなく、中級者・上級者にも参考になると思います。
特に自己流で上達してきた人は確認してみてください。
基礎を見直すだけで上達のスピードが上がることも多いです。



   最新スノーボード売れ筋ランキング 価格ドットコム(スノーボート)

   初心者の場合、どこのブランドが良いのかわかりません、ランキングで、売れ筋を見て参考にするのも良いかもしれません。


     



HOME






  スポンサーリンク