パブロフの犬とは、シュレディンガーの猫とは

犬の死  
    お問い合わせ  お勧めリンク 

    

パブロフの犬とシュレーディンガーの猫


  パブロフの犬は、大抵の人は知っていると思いますが、それに対して似た言葉で、
 シュレティンガーの猫というのがありますが、パブロフの犬ほど知られていないし、
 どういう意味だろう・・?と思い、調べてみました。



パブロフの犬・意味(HATENA KEYWORDより)

パブロフ博士が1902年に発見。条件反射の喩えとてもちいられる。
パブロフの犬


○パブロフって誰??

 パブロフ(イワン・ペトローヴィチ・パブロフ)は、亭政ロシア・ソビエト連邦の
生理学者。
1904年 ノーベル生理学・医学賞を受賞。



○どんな実験をしたの??

 「パブロフの犬」の犬として知られる実験は・・・
犬のほおに手術で管を通し、唾液の分泌量を測定した。
ベルを鳴らしてから、エサを与える事を繰り返した結果、ベルを鳴らしただけで唾液
を出すようになった。

ここから、条件反射をたとえる時に、使われるようになった

ちなみに、さらにベルを鳴らし続けると、次第に反応が消えていく状態を「消去」
数日後、同様の実験をしても犬は唾液を分泌する状態を「自発的回復」と言う。

尚、「パブロフの犬」と言うと1匹のように想像しますが、実際は何百匹もいたそう
です。



 古典的条件付け

古典的条件づけ(こてんてきじょうけんづけ)は学習の一形態であり、刺激の対呈示によって刺激間に連合が起こり反応が変容することである。レスポンデント条件づけ、パブロフ型条件づけとも呼ばれる。イワン・パブロフの条件反射研究がもとになった理論である。

 刺激と反応

生体が本来持っている反応を無条件反応 (UCR; UnConditioned Response) という。
(例)犬が唾液を分泌する。

無条件反応を起こす刺激を無条件刺激 (UCS; UnConditioned Stimulus) という。
(例)犬に餌を食べさせる。

無条件反応を起こさない刺激を中性刺激という。
(例)犬に音を聞かせる。(学習成立前)

中性刺激によって起こる反応を無関連反応という。
(例)犬が耳をそばだてる。

中性刺激を与えた直後に無条件刺激を与えることを繰り返すと、(中性)刺激のみで(無条件)反応が 起こるようになる。これを古典的条件づけという。

古典的条件づけに基づく刺激を条件刺激 (CS; Conditioned Stimulus) という。
(例)犬に音を聞かせる。(学習成立後)

古典的条件づけに基づく反応を条件反応 (CR; Conditioned Response) という。
(例)犬が唾液を分泌する。(学習成立後)    Wikipediaより

明日から、条件反射的になにかを欲してる友達がいたら、早速、使ってみましょうw




スポンサーリンク

----------------------------------------------------------------------------


シュレーディンガーの猫

 パブロフの犬は簡単で、使いやす言葉ですが、こちらは調べれば調べるほど、難解で
とても日常では使えない言葉でした^^;
 ですが、何とか使えるように紐解いていきたいと思います・・

シュレディンガーの猫

まず、シュレーディンガーの猫、こちらも実験は実験なんですが、実際に行われた実験で
はないようです。

仮説として用いたようで、内容はこうです↓

 
  1. を用意する。
  2. に放射性物質(ラジウムなど)を入れる
  3. 放射性物質は全にランダムアルファ崩壊し、その際放出した放射線を検出する装置(ガイガーカウンター)とガス発生装置を入れる。
  4. 検出装置はガス発生装置とつながっており、もし放射性物質がアルファ崩壊した場合ガスが発生し、は死ぬ。
  5. を入れ、蓋を閉め中を観測できないようにする
  6. この実験の場合、の生死は放射性物質のミクロな振る舞い(アルファ崩壊)にのみ決定すると仮定する。
  7. さて、一定時間経過したらの中のは死んでいるのか生きているのかどっち?

この実験のなかのは、放射性物質のアルファ崩壊という量子力学的な振る舞いにのみ生死が決定するため、観測者がを開けて中を観測しない限り、 量子力学のウィグナーらが唱えた確率的解釈により生きていると死んでいる50:50で重ね合わせで存在している事になる。

つまりの中のはふたを開けて観測するまで、生きてもいないし死んでもいないのである。

ふたを開けて観測した場合は観測した間にの波動関数は重ね合わせの状態からが生きている状態か死んでいる状態どちらか一方に収束する。


ニコニコ大辞典(仮)さんの記述を引用させていただきました。
Wikiなど記述もあったのですが、更に詳しく、難解でしたので、かみ砕いたこちらの
方を掲載させていただきました。

ようは、この実験によると、箱の中の猫の生死を判断するのに、箱の蓋を開けて確認
しない事が前提で、その判断はラジウムがアルファ粒子を出したかどうかの確率で決
まるようで、その確率を50%と仮定した場合、ネコは50%の確率で生きていて、50%
の確率で死んでいる状態が、1:1で重なり合っていると解釈しなければならいそうで
す。
これには、色々な総合解釈があり、今だに解決していないようです。
まさにパラドックス~♪

って、パラドックスとの別なようです><

調べていて後悔するくらい難しく、「こんなん 使えないやん!」と思ってしまいま
したが、せっかくなので、無理やり明日から使いましょう!

取り留めのない事で、答は半々だなぁ~と思ったら、すかさず、
「まさに、シュレティンガーの猫だなぁ~」と言ってみましょう!

きっと知的な感じを演出できるできる・・かな・・。w



今回はあんまり、しまらない感じになってしまいましたが、これにて失礼しますw

<tag:パブロフの犬とは、シュレディンガーの猫、意味>


<おすすめ記事>

○犬の動画一覧 記事はコチラ

○泣ける犬の映画ランキング 記事はコチラ

○女性から嫌われる男性の特徴とは?? 記事

○犬派?猫派?で解る、おもしろ心理学 記事



HOME




     スポンサーリンク