成功する独立例

犬の保険ランキング  
    お問い合わせ  お勧めリンク 
別府のお店
 
   素人でも起業して成功できる  ページ

素人起業で成功する 起業例

日本初のプロパーソナルスタイリスト


プロパーソナルスタイリスト」は個人向けスタイリスト


洋服によって、お客様に元気を与え、今まで自分が知らなかった可能性を引き出す仕事で、政近準子さんが日本で初めて、この仕事を作ったそうです。

プロのスタイリストが1対1で、じっくりカウンセリングを行い、個性に応じた着こなしを提案するというもの。
○買い物同行サービスや、○コーディネートレッスンなどもある。

政近さんは、ファッション専門学校から、大手アパレル企業にデザイナーとして就職

この職業を思い立ったのは、イタリアで同職業に触れたのがきっかけだそうです。

ある時、不治の病に倒れ、薬の副作用で目が腫れ、うまく化粧が出来ない・・失意の中で仕事に復帰すると、自分自身がファッションに助けられている事に気づく。

そこで、「ファッションレスキュー」と言う言葉を思いつき、2000年にプロパーソナルスタイリストとして事業を開始。 同名の会社を2006年に設立する。


○ブレイクポイント

2002年にホームページを開設すると、テレビや雑誌から取材が舞い込んだ事。

会社立ち上げた2006年には、パーソナルスタイリスト育成校「パーソナルスタイリストジャパン」も設立してます。


○この業種で大切な事


スキル・現場での豊富な経験に加え、お客様を思いやるホスピタリティが無ければできない。

有限)ファッションレスキュー
 創業メンバー 1人

 
  

ITを導入した「新しい介護サービス」

近年、家族の介護を理由に会社を退職・休業するビジネスマンが増えている。

介護の苦労や不便さの多くは改善されないままであることが多い。株式会社インターネットインフィニティ―の別宮圭一さんは、そんな介護の世界を変えるべく、ITの世界から介護業界に飛び込んだ。


介護ビジネスへとの出会い

同氏は、受託開発の会社を立ち上げていたが、介護ビジネスを行う会社から業務システム構築を依頼された事が転機となったそうです。
介護に全くの無知であった為、
  ○介護事業の仕組みを調べ
  ○同社の業務フローをヒヤリング
  ○介護法を勉強
  ○介護現場の実態や、業務内容を調べる

 上記の内容を行っていく内に介護業界のIT化の遅れに驚愕した。

また現場の作業が合理化されていない事や、人材が不足している事もわかり、介護業を主軸に据える事を決意したようです。


広告収入が収益原

介護事業に参入してから3年、現場の忙しさを実感してから、2005年8月、ケアマネージャーの業務支援を目的とするポータルサイト「ケアマネジメント・オンライン」(CMO)を開設した。

書類作成ツールや文例集の無料ダウンロードができ、広告収入を収益源とした。

サイト利用者は口コミで増え、全国のケアマージャー12万人のうち約58%、7万人がサイト登録者となった。

2006年から、介護事業のM&Aを行い、ベンチャーキャピタルの出資も受け始めた。

2010年には、他サイトも次々に開設し、売上は年々伸び、2014年3月の年商は約17億円となった。



ニッチ産業

 IT業界の気づきやノウハウは、新しい介護サービスに生かされ、今も進化を続けている。

 ㈱インターネットインフィニティー 開業資金 未公開


料理ができなくても「セルフ調理で開業」
 
セルフキッチン」はプロの厨房を使って、自分で調理する居酒屋として、2009年に「清貧」として開業。 その後、移転を機に2012年より、「セルフキッチン」と店名を変え、キッチンの使えるレンタル(シェア)スペースとして、リニューアルオープンした。

料金体系は空間利用利用料金(基本的に30分・270円学割あり)に飲んだ分のドリンク代(ビール中ジョッキ300円、各お酒150円~)と料理の材料費、とシンプル。

買った商品の値札を首からぶら下げる式の伝票に貼っていく。

週末には、合コンなどのイベントに使われる事も多いそうです。(笑)

「セルフキッチン」を創業したオーナーである、通称「おやじ」さんは、

「みんなが工夫したり、協力したりしながら、いろんな使い方ができる「遊び場」を作りたかった」そうです。

セルフキッチン「おやじ」さんのブログより厨房


経験からコンセプトを見出し、形にしていく


この「おやじ」さんの子供時代の遊び場は外だった。

小学生の頃から、家族でキャンプに出掛けた。大人になっても仕事の合間を見つけては、海外旅行にでた。
ツアーではなく、宿だけ決めて自由に旅をするパターン。

「自分が本当にやりたいこと」を目指すようになったとき、「遊び」を実現できる場所を作りたいと考えたそうです。



キャンプ場のように、お客さんが、自分で料理を作る。というコンセプトは、広い厨房を見ていた時にひらめいた。
それをきっかけに仲間と、協力して、アイデアを広げていったそう。

先にコンセプトありきで、料理や、お酒は後からついてきた。
これが、「セルフキッチン」が一般的な飲食店と大きく異なるところ。

「セルフキッチン」ブログ  開業資金 未公開
スポンサーリンク
 


 外国人向け家賃保証サービス

後藤裕幸さんは、韓国に進出したい企業を支援するコンサルティング会社を設立。ソウルに支社を持ち、後藤さん以外の従業員は全員外国人だった。

その時気づいたそうです。

外国人が、日本でアパートや、マンションを借りる際、保証人がいなくて困っている 事。

「これはビジネスになりそうだね」とよく話していたそうです。


外国人の住みたいニーズを分析し、事業化へ


外国人には、連帯保証人や、礼金などは日本独特で、納得できない不便な制度にみえる。
一方で、「ゴミの分別」や「契約者以外の入居は禁止」など、日本では当たり前のルールが守られず、外国人の入居はトラブルのもとになると考える大家さんが多かった。

しかし、外国人は、日本のしきたりをきちんと説明すれば、ほとんどトラブルがなくなる事を知っていた。

そこをクリアにすればビジネスが成り立つ」と判断。

池袋に事務所を借り、一人で、資本金1650万円の㈱グローバルトラストネットワークスを設立。


滑り出しは順調ではなかったそうです。

後藤さんは、宅建業の免許をとり、直接営業から、不動産賃貸仲介サービスに切り替え、紹介客へ保障サービス利用を促し、実績を積んだ。

不動産屋に外国人のお客さんを紹介し、相手の役にたってから、自社のサービスを使ってもらうようにお願いするという訳ですね^^

ビジネス

その後、ベンチャーキャピタルから出資を得て、実績を積み上げ、会社は急成長。

現在は、首都圏や関西にも進出を果たし、今後は海外展開も見据えている。


㈱グローバルトラストネットワークス  開業資金1650万円


    3
(作成中)



    


  マクドナルドの低迷・・ 時系列ニュースのまとめ 記事

  韓国俳優・女優ランキング!今こんな人が人気 記事

  「儲かる」鮮魚店の秘密 角上魚類と四十八漁場 記事

  美肌を保つ食材たち【同性からも褒められる肌に】 記事


 HOME

             スポンサーリンク