ネットいじめ・ラインいじめが止まらない件

犬の保険ランキング  
    お問い合わせ  お勧めリンク 
別府のお店
    気になるニュース

 ネットいじめ、ラインいじめが止まらい件 

  <キュレーション記事>


 LINEは主にスマホ向けのアプリで、急速に普及が進み、国内の利用者は4500万人以上に上る。中高生にも利用者が増えているのはスマホの所有率が急増しているからだ。内閣府が今年1月に公表した調査によると、高校生のスマホ所有率は前年度比約8倍の56%、中学生は約5倍の25%。利用者増に伴い、LINEいじめが増えている。

 今年7月には山形県鶴岡市の市立中学野球部で、複数の部員が1人の服を脱がせて携帯電話のカメラで撮影した画像をLINEに掲載するいじめが発覚した。

 なぜ、LINEが安易ないじめのツールとして広がっているのか。ネットいじめに詳しい全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長(47)は「現実世界のいじめなら周囲の目もあり歯止めがかかるが、1対1またはグループ間という閉じられた世界でのいじめは、発覚しにくい上、エスカレートもしやすい」と指摘する。

 九州地方の県立高校では昨年12月以降、女子生徒の間でLINEによる中傷を繰り返す中で、書き込みがエスカレートし、「妊娠した」と嘘を書かれた生徒が退学する事態に発展した。

産経ニュースより
 


こちらは2013年8月のニュースですが、今だにネットいじめは減るどころか、増える一方のようです。


   スポンサーリンク

   

  高1女子、いじめで自殺…LINEで脅される  2014年10月23日

熊本県教委は22日、熊本市内の県立高校1年だった女子生徒(当時15歳)が昨年8月に自殺していたと発表した。 

 同級生から無料通話アプリ「LINE(ライン)」に身体に危害を加えると脅すような内容を書き込まれ、県教委は「いじめがあった」と認定。いじめと自殺の因果関係を調べている。記者会見した校長は「生徒の悩みと苦しみに気付くことができなかった」と陳謝した。


 県教委と学校によると、生徒は昨年4月に入学後、寮生活を開始。その後、寮の雑用を押しつけられることを苦にした書き込みをLINEにしたことから、寮生の同級生の1人とトラブルとなった。生徒は夏休みで帰省中の同年8月、家族に「学校を辞めたい」と漏らし、同17日に自宅で自殺した。遺書はなかった。


 学校は寮生などに聞き取り調査を実施。この同級生から昨年6月28日に身体的な特徴を揶揄やゆしたり、危害を加えると脅したりするような内容を書き込まれたほか、同月頃に〈1〉風呂の道具を隠された〈2〉携帯電話を無断で扱われた〈3〉中学校の卒業アルバムに落書きされた――ことが判明した。

生徒の保護者は書き込みがあった6月28日に担任に相談したが、担任は寮の担当教諭に対応を任せていた。寮の担当教諭は生徒と同級生を話し合わせ、和解したと思っていたという。さらに校長と県教委は生徒が自殺するまで報告を受けていなかった。校長は「連絡体制が機能しておらず、反省している」と述べた。


YOMIURI ONLINEより 



   文部科学省の調査によると、2013年度中に全国の小中高校など起
   きたいじめの認知件数は、計18万5860件だそうです。

   そのうち、「ネットいじめ」は8787件でやはり、「LINE(ライン)」を使っ
   たいじめが多かったようです。
 
   これは、把握されているだけですから、実際相当な数のいじめがあ
   ると想像できますね。。

   LINEは、まったく遮断された空間でのいじめですから、他の人から
   は解りにくいので厄介ですね。。



    
   そんな中、「チャットログ」と言う、実際のラインいじめを再現したサイ
   トが作られ、ソーシャルネットワークで拡散されました。

   目にした人も多いのではないでしょうか??

   実際にありそうなリアリティのある仕上がりになってますね^^;

   最後の落ちは、かなりビックリさせられましたが・・。

   心臓の悪い方は見ない方がよいかと思います^^;(ほんとに・・)



    こちらが、そのチャットログです→ 「LINEいじめ チャットログ

 
    まぁ、かと言って、ラインやスマホを今更、禁止にする事は難しい
    し、たとえ禁止にした所で、いじめは無くならないでしょうね。。
  
 
    先月末のニュースで、こんな記事もありました。


 「ネット5時間超」高校生4割 2014年10月31日

  県と横浜、川崎、相模原の3政令市が小学校高学年の児童と中学高校の生徒を対象に行った実態調査で、スマートフォンやゲーム機などインターネットにつながる情報端末の使用時間が1日に「3時間以上」と答えた児童・生徒が42・5%に上り、「5時間以上」も20・9%だったことが分かった。

特に高校生は「5時間以上」が40・2%を占め、ネットへの依存度の高さが浮き彫りになった。

 調査は、オンラインゲームや無料通話アプリ「LINE(ライン)」などに夢中になり、日常生活に支障のある「ネット依存」が全国で問題となっていることを受け、横浜市が4県市の首長懇談会で提案し、初めて行われた。

対象は3市立の小学5、6年生と中学生、県立高校生を対象に抽出方式で行われ、計1万3251人の回答を得た。

 スマートフォンの所有率は高校生で90・2%に及び、中学生で50・8%、小学生でも29・1%だった。ネットにつながる情報端末の使用時間が1日に「3時間以上」と答えたのは高校生で70・8%、中学生で45・8%、小学生で19・8%。「5時間以上」は中学生でも21・8%に上った。

 利用目的(複数回答)は、「友達・家族との連絡」が全体の78・7%で最も多く、「ゲーム・占い」が63・1%で続いた。「友達探し」(15・6%)や「ブログ・ホームページの発信」(9・7%)との回答もあった。



YOMIURI ONLINEより



   もう、学生の間でも、ネットやラインは、生活の一部なんですね。。

   まぁ、実際私も、ネットにつながない日はないし、会社のやり取り
   もラインだし、ある種の報告はFACE BOOKにあげています^^;
   (会社の指示でw)

   最後に、ラインいじめの要因を追求した記事がありましたので、
   載せて置きます。


  「LINEによるいじめが起きる背景には3つの大きな原因がある」
一つは、「既読」「未読」機能。読んだら「既読」の表示が出るが、返信しないと「なぜ返信を出さないんだよ。ムカつく。あいつは友だちから外す」と絡むケースが多い。
「未読」でも「イライラする。スマホをいつも持っているのにおかしい。グループから外そう」となる。


二つ目は文字の怖さ。短文のために真意が相手に伝わっていないケースだ。たとえば、グループで「映画に行こうよ」という誘いに、相手が「何でくるの?」と返信すると、乗り物は何で来るのかという問いなのに、何であんたが来るのかと意味を勘違し仲間外れにする。

三つ目は閉鎖的な世界によるいじめ。閉ざされた空間のため正論がすべて通るとは限らない。腹が立つと思ったら正論を言った相手をみんなで潰してしまう。
これがLINE上でのトラブルの大きな要因になっているという。

中学2年生の話によると、クラスに表のLINEグループがあって、その中の一人にあまり好きでない子がいたら、その子を外して裏のグループを作り、外した子を「ウザい」など悪口を言い合うのだという。 



JCASTテレビウォッチ  全国webカウンセリング協議会  安川雅史理事長



   続くラインいじめ・・

 中1女子が自殺未遂 「LINEいじめ」も? /千葉  2014年11月1日
 ラインいじめ

千葉県我孫子市の市立中学1年の女子生徒(13)が8月、学校でのいじめを理由に2度にわたり自殺を図っていたことが31日、関係者への取材で分かった。

学校や市教育委員会は、陰口などの行為を認め、加害生徒とともに女子生徒側に謝罪したが、いじめに当たるか、自殺との関係は調査中という。
謝罪後もいわゆる「LINEいじめ」があったといい、女子生徒は登校しているが教室には行っていない。






【青森のケース】女子生徒死亡、LINEで中傷か 青森・八戸

lineいじめ

女子生徒死亡、LINEで中傷か 青森・八戸 青森県八戸市の県立高校に通う2年の女子生徒(17)が7月に死亡し、両親が「いじめを苦にした自殺だった」と調査を求めている問題で、女子生徒が無料通信アプリLINE(ライン)上で「存在自体がうざい」などと中傷されたとみられる内容をノートに書き残していたことが27日、分かった。

 女子生徒は1年生の時に同級生とLINEでトラブルになっていたことから、調査に当たる県教育委員会の第三者機関は、ノートの内容も含め、いじめの有無や死亡との因果関係を慎重に検討している。

 共同通信の取材に応じた両親によると、ノートは自宅の机の引き出しに残されていた。

 また、女子生徒が体調不良で部活を休んでいる間に女子生徒のロッカーの名札が外され、用具が隠されたこともあったとする。女子生徒は8月上旬に退部した。両親はいじめがあったとして学校に調査を求めた。

 学校によると、自殺未遂の後、部員に聞き取り調査を実施し、陰口などの事実は認めて8月末、校長ら教員と1年の女子部員8人が女子生徒と両親に謝罪。

しかし、その後も、9月末には女子部員により無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「(女子生徒を)突き落とそーぜ」「地獄行きだな」などと書き込まれているという。

 学校、市教委は「双方の言い分が食い違っているので、現時点ではいじめと断定できない」としている。女子生徒と両親は「学校と市教委側から、聞き取り調査の結果など、きちんとした説明を受けていない。納得できない」と再度調査を求めている。

yahooニュースより

   
      

 HOME




           スポンサーリンク